トップへ戻る

正しいドライヤーの仕方〜速乾・ヘアセット【女性必見】

正しいドライヤーの仕方〜速乾・ヘアセット【女性必見】

 

あなたは、毎日ドライヤーにどれくらいの時間がかかっていますか?

 

中には自然乾燥の方もいるかもしれませんが、ドライヤーをしないと次の日朝髪が、うまくまとまらないこともあります。

 

ちなみに、私の髪は剛毛のくせ毛で、根本が立ちやすいので、髪を乾かさなかったら、ライオンのようになります。

 

髪を乾かすことの、メリットとデメリットがありますが、まずはメリットからご紹介していきます。

 

 

髪を乾かすメリット

 

  1. 頭皮を清潔に保てる
  2. 髪が傷みにくい
  3. 次の日の、髪のセットがしやすい

 

頭皮を清潔に保てる

 

長い時間、髪が湿ったままでは、雑菌が繁殖すます。

 

もともと頭皮には、害の少ない雑菌などが棲息しています。

 

シャンプー後は雑菌は減少しますが、体温と湿気によって、細菌や雑菌が繁殖しやすい環境ができます。

 

髪を乾をかさないでいると、通常より多くの細菌、雑菌が繁殖します。

 

それが原因で、頭皮のニオイや、かゆみが発生します。

 

参考「tenki.jpヘルス湿気の多い時期の頭皮トラブル」

 

 

 

髪が傷みにくい

 

髪は濡れている時が、一番ダメージを受けます。

 

髪が濡れていることで、髪の保護機能を持つ、キューティクルが開きます。

 

その状態で就寝してしまうと、濡れた髪が、枕やタオルとすれ、髪にダメージを与えます。

 

きれいな髪を保つために、就寝前には必ず、髪を乾かすようにしましょう。

 

参考「花王ヘアケアサイト」

 

 

 

次の日の、髪のセットがしやすい

 

自然乾燥をしてしまうと、髪がバサバサになります。

 

髪を濡らして、セットする人や、髪がストレートの人は影響が少ないでしょう。

 

しかし、髪が濡れたまま就寝すると、髪にクセが付きやすくなるため、セットするのが大変です。

 

髪にクセが付く瞬間
  • 濡れている髪が、乾く時
  • 髪に熱を与えて、冷える時

 

 

髪が乾く時が、一番クセが付きます。

 

ヘアアイロンや、コテ(カールアイロン)で熱を加えても、思い通りの髪にセットすることが難しく、乾いた髪のクセは、髪を濡らしても、戻りずらい特徴があります。

 

そのため、お風呂から上がったら、しっかり髪を乾かすことが大切なのです。

 

次の日のヘアセットを楽にするには、大事な作業になります。

 

また、髪に熱が加わり、冷える時に、クセが付く性質を利用して、ストレートアイロンや、コテで、髪のセットができるのです。

 

 

 

 

 

 

ドライヤーの平均温度

 

ドライヤーの、平均温度は100〜120℃です。

 

温度が高いドライヤーでは、140℃になるタイプもあります。

 

ドライヤーの距離が、髪から近いほど、髪の温度は高くなります。

 

乾いてくると、高温の、風が髪に当たると、ダメージを受けやすくなります。

 

ただし、濡れている髪では、ドライヤーが近くても、あまり問題はありません。

 

髪の距離が、約15pで、風の温度は90〜70℃です。

 

少し離した距離でも、同じ場所に、ドライヤーの風を当て続けると、熱いと感じますが、その状態では、髪がダメージを受けます。

 

髪には感覚はありませんが、皮膚よりも繊細です。

 

そのため、ドライヤーで髪を乾かす時は、ドライヤーを左右に振ったり、移動させながら乾かすようにしましょう。

 

 

 

髪の正しい乾かし方

 

これに関しては、声を大にして言いたい!!

 

髪の乾かし方が分かっていない、美容師さんが多い!!

 

素人なら仕方ありませんが、ヘアセットは髪を乾かす時から、始まっています!

 

絶対にやってはいけない、髪の乾かし方はコレです。

 

 

図1.

 

「図1.」 のように、ブラシを前髪の下から、入れてはいけません。

 

髪が浮きやすい人や、癖がつきやすい人は、前髪が浮いてしまったり、前髪が丸まります。

 

髪が柔らかい人や、癖のつきにくい人は、このような乾かし方でも、きれいにセットできますが…

 

くせ毛の人には、絶対やってはいけない、髪の乾かし方です。

 

 

 

図2.

 

ブラシを下から入れると「図2.」 のように、前髪浮き、丸くなります。

 

※ふんわりした、前髪を作りたい方は、下からドライヤをあてたり、前髪の下から、ブラシを入れても問題ありません。

 

 

図3.

 

「図3.」の 写真の左は、全体的に髪の根本から、ブラシを使って髪を乾かしています。

 

右の写真はブラシは使っていますが、髪が浮かないように、ブラシを根元から入れていません。

 

ブラシの入れ方も大切ですが、ドライヤーも重要です。

 

図4.

 

前髪を乾かす時は、ブラシは髪の下からではなく、上から入れるか、手ぐしで髪を整えます。

 

髪を横に流したいときは、右の写真のように、髪を手で流したい方に寄せます。

 

ドライヤーの熱をあて、時々、髪が浮かないように、手で前髪を抑えます。
ドライヤーを当てた時、髪が熱くなって、冷える時に、髪の形がキープされます。

 

※ 濡れている状態だと、髪型はキープされないので、乾くまで、同じような作業をします。

 

 

図5.

 

髪を乾かす時は、ドライヤーは髪の流れにそわせるように、風をあてます。

 

(出来る限り、ドライヤーを下に向けて、風を当てる)

 

髪が乾きにくい場合は「 図5.」の 左の写真のように、手で髪を、左右に動かしながら、風が髪の奥にも届くようにする。

 

髪が浮きやすい人は、ドライヤーを当てながら、時々、髪ををなでて、髪のボリュームを抑える。
ボリュームが出やすい人が、乾かす際に、ボリュームを抑えられなかった場合、、一日中ボリュームが出たままになるため、慎重に髪を乾かす必要があります。

 

 

6.

 

髪のボリュームが欲しい人は、髪を手でつかみ、ドライヤーは、下から上の方に向かって風を当てます。

 

 

 

 

ドライヤーのデメリット

 

ドライヤーで髪を乾かすことは、とても大切ですが、デメリットもあります。

 

髪が短い人はドライヤーは短時間ですみます。

 

しかし、髪の長い人は乾かす時間のに時間がかかるため、ストレスになります。

 

また、ドライヤーの熱によって、髪を傷める場合もあります。

 

ドライヤーの時間短縮には、風量が大切です!

 

髪を傷めないためには、ヘアケアが大切になります。

 

 

 

髪を早く、乾かす方法

 

髪が傷んでいる人ほど、水分を含みやすいため乾きにくい。

 

乾けばいいと思い、安いドライヤーを使っていませんか?

 

ドライヤーの風量は、とても大事です。

 

私は思い切って、少し高い、ドライヤーを買たことがきっかけで、劇的に髪を乾かす作業が、時短になりました。

 

ドライヤーにお金をかけるのは、もったいないのですが…

 

長く使えるものですし、時間の短縮にもなります。

 

私はドライヤーを変えて、乾かす時間が短縮できました。
20分→5分

 

ドライヤーといえば…

 

ダイソンのドライヤーは、風量がすごい!と聞きますが…

 

実際どうなんでしょうか…

 

 

 

2020年おすすめドライヤー3選

※風量の単位 (立法m/分)を全てm/分と記載しております。

 

 

 

 

 

 

1位は、もちろん圧倒的ブランド力のダイソン!

 

ダイソンの風速2.4m/分(ダイソン公式では公表されていません)

 

ダイソンはイギリスの会社のであるため、ドライヤー購入の際には、一つ注意しなければならないことがあります。

 

通常より少し安い物は、海外使用になっている可能性もあります。

 

購入する場合は販売ページで、日本仕様になっているか確認して購入する必要があります。

 

海外と日本では、電圧が違います。

 

日本のコンセントから、流れている電圧は100V

 

日本国内の電気製品のほとんどは、それに合わせて使えるように作られています。

 

海外は110V〜130Vまたは220V〜240Vで電気が供給されており、ほとんどの国で日本の100Vよりも高い電圧で電気が供給されています。

 

ダイソンドライヤーの最新機種はHD03ULF2019年9月に発売されています。

 

現在「2019.11.5」では最新機種は楽天のみ購入できます。

 

 

 

ダイソンは高いという方におすすめ!

 

 


  

 

 

 

 

2位は、コイズミの大風量ドライヤーです。

 

ヘアドライヤー 大風量 2.9m/分 国内最大の風量になります。

 

 

 

 

 

 

濡れると髪は束になってしまいます

 

 


3位は、風量2.5m/分のテスコムの大風量ドライヤーです。

 

ドライヤーといえばテスコム!最も有名な会社です。

 

デザインも洗練され、曲線がとってもオシャレなドライヤー♪

 

 

以前私が使用していた、ドライヤーの風量は1.2m/分でしたが、乾くのにとても時間がかかっていました。

 

(20分くらい)

 

毎日ドライヤーが長いのは、とてもストレスになります。

 

そこで風量の強い、ドライヤーを探したところ、テスコムの2.5m/分のドライヤーを発見して現在使用しています。

 

本当に風が強くて、ビックリするぐらい早く乾きます。

 

私の「通販で買ったよかった商品10」の中に入ります。

 

 

 

 

髪を早く乾かすアイテム

 

上で、お話したように、髪が傷んでいると、髪が乾くのが遅くなります。

 

なるべく髪が傷まないようにするためには、早く髪を乾かすことです。

 

そして、なるべく髪を傷ませないように、ケアすることも大事です。

 

シャンプーやヘアオイルでケアすることも、髪を早く乾かすには大事なことです。

 

 

シャンプー編

 

 

 

 

紫外線を浴びると髪の内部が乾燥し、髪がゴワゴワに

 

毎日のシャンプーで頭皮と髪のエイジングケア

 

ノンシリコンなのに髪がキシキシしない。

 

 

 

 

 

 

濡れると髪は束になってしまいます。

 

束になった髪は度しても、風がまんべんなく当たりません。

 

髪のキューティクルを整えて、髪を絡まりにくくします。

 

ドライヤーの時間平均20%カット!!

 

 

 

 

 

化粧品クチコミコミサイト@cosmeシャンプーコンディショナー部門で、他商品1位獲得多数。

 

頭皮環境を整えることで、ふけやかゆみ、頭皮のべたつきなどの肌トラブルから地肌を守り

 

根本から頭皮環境を整えることで、うるおいをあたたえ、艶やかな髪へ導いてくれます。

 

 

ヘアオイル編

 

 

 

パサつき、つや無しの髪の原因は年齢による幹細胞の減少によるもの

 

髪の毛に十分な幹細胞を保つには毛先だけのケアでは不十分です。

 

頭皮までケアしないと意味がありません。

 

土台美容のヘアオイル

 

 

 

 

 

 

楽天アウトバストリートメント総合1位

 

うるおって、べたつかない。

 

シルクのような潤った髪へ

 

くせ毛、硬い髪、猫毛、ダメージヘアどんな髪にも使用できます。

 

 

 

 

   

 

 

パサつきを抑え、ツヤをほんのり。

 

素髪スタイリングに

 

天然由来成分とシアバターでつくられたオイル。

 

髪はもちろん、肌のうるおい補給にも使えます。

 

 

 

 

ーまとめー

自然乾燥にはデメリットが多く

 

髪の毛だけではなく、頭皮にも良くありません。

 

時間がなくて自然乾燥させている方も、髪の毛のためにドライヤーで、乾かすようにしましょうね。

 

ヘアケアをすることで、ドライヤー時間の短縮や髪に潤いにつなげていきましょう。

 


 

 

 

お問い合わせ →