トップへ戻る

一人暮らしの光熱費を安くする【電気・ガス・水道】節約グッズ

一人暮らしの光熱費を安くする【電気・ガス・水道】節約グッズ

 

 

光熱費・1か月平均

 

ガス代 … 約3,000〜5,000円

 

 

水道代 … 約2,000円〜3,000円です。
・水道代は2か月まとめてきます。
・水道代は、住んでいる地域によって価格が大きく違います。

 

 

電気代 … 約3,000円

 

参考:エイブル

 

 

水道・トイレの水の節約

 

水道代の節約に、「トイレのタンクにペットボトルを入れる」という方法があります。

 

トイレのタンクには、一定量の水が溜まっており、レバーを回すと、その水が一気に流れ、便器の中の紙などを排水します。

 

 


出典 水道救急センター

 

 

タンクに溜まる水を減らすと、1度に流れる水の量を抑えることが出来るため、節水することが出来ます。

 

やり方は500ml・350mlのペットボトルに、水を入れて、タンクの中に沈ませておくだけでです。

 

しかし、このやり方は注意が必要です。

 

水の節約になりますが、流れる量が減って、詰まったり、流れが悪いこともあるため、この方法を行う際は注意が必要です。

 

住宅設備の故障は、賃貸の管理会社に連絡すれば、無料で修理してくれます。

 

 

大家さんの修繕義務は? → 詳しく

 

 

故障の原因が自分に合った場合は、修理費がかかるので、ペットボトル節水は注意して行ってください。

 

 

水道・洗濯水の節約

 

一人暮らしの場合、1日おきに洗うよりも、週末にまとめて洗濯する方がお得になります。

 

月に15回の少量コース(約230L)・月に15回(約333L)で洗うと、月1,332Lの水を節約できます。

 

また、軽い汚れなら、「時短コース」で洗濯すれば、30%の水を節約できます。

 

残り湯ホース

 

お風呂の残り湯を使うと、節水できます。

 

洗濯機で「注水洗い」をするとき、使用量は約300Lです。

 

残り湯を使い、「すすぎ」だけに水道水を使用すれば、約150Lですみます。

 

一人暮らしなら、お風呂に浸かるのも自分だけなので、湯船の汚れも少ないはずです。

 

冬場なら、温かいお風呂のお湯が、洗濯物の汚れを落とす効果もあがるので、一石二鳥です。

 

 

 

 

 

おすすめの洗剤


 

 

「ナノックス」は、ボトル1本で普通の洗剤の2倍近く洗えます。※注意 現在使っている商品によります。

 

経済的で、洗濯物のニオイ戻りも防げるため、おすすめです。

 

 

洗濯機

 

洗濯機は「縦型」「ドラム式」では、「縦型」の方が電気代が高く、水も多く使用します。

 

しかし、汚れが落ちやすいのは、「縦型」になります。

 

さらに、「ドラム式洗濯機」は乾燥機能が付いているため、価格も高額です。

 

洗濯機は、月に1回「洗濯槽」の掃除が必要になりますが、掃除は「縦型」の方が簡単にできます。

 

「ドラム式」は「酸素系クリーナー」が使えません。

 

「酸素系クリーナー」は「塩素系クリーナー」よりも汚れが落ちます。

 

ガスを発生させ、細かな気泡が汚れを浮かせるのです。

 

ドラム式は密閉されるので、掃除中に圧力がかかり、故障の原因になるため使用できません。

 

 

 

 

水道・お風呂の節水

 

「シャワー」と「浴槽にお湯を貯める」場合、どっちがお得か?

 

一般的な浴槽で約200L、シャワー15〜20分程度に相当します。

 

シャワーの時間が短いなら、シャワーの方がお得!

 

シャワーに時間がかかるなら、浴槽にお湯を貯める方がお得です。

 

ただし、浴槽にお湯を貯めて、さらにシャワー使用する場合は、使用水量が増加します。

 

浴槽にお湯を貯めるなら、なるべく浴槽のお湯を使用することで、節水できます。

 

浴槽のお湯を使うと、お風呂に浸かる時に、お湯の量が少なくなりますが、その時は、水の入ったペットボトルを入れると、かさ増しできます。

 

そして、残り湯を洗濯に使うことで、水の無駄をなくします。

 

 

かさ増し・保温

 

 

 

 

ペットボトルで、お湯の量をかさ増しする場合、冬は冷えてしまいますが、こちらの商品はレンジで温めて使用できます。

 

湯量がかさ増しできて、保温が出来ます。

 

さらに、寝るときに布団に入れて寝れば、湯たんぽの代わりになり、布団も温かです。

 

この商品は遠赤外線効果で、体芯から温もります。

 

 

 

節水シャワーヘッド

 

 

 

シャワー中、水を流しっぱなしにしていませんか?

 

流しっぱなしだと、水量が増えるため、「ON/OFF付き」のシャワーヘッドに交換するだけで、大きな節約になります。

 

シャワー中にその都度、止めている方でも、蛇口をひねる間に、水を無駄にしています。

 

「ON/OFF付き」のシャワーヘッドなら、ボタン一つで、お湯を止めることができるので、お風呂の時間を快適に過ごすことにもつながります。

 

 

ボディーソープ→石けん

 

ボディーソープから石けんに変えると、節水できます。

 

石けんは、泡切れが良いため、流す時は少ない水ですみます。

 

また、体から分泌される皮脂は酸性で、石けんはアルカリ性なので、弱酸性のボディーソープよりも、体臭を防ぐ効果があります。

 

 

 

水道・キッチンの節水

 

キッチンで洗い物をする際は、水を流しぱなしにせず、コップに水をためて使いましょう。

 

  1. 油汚れの少ない食器から、スポンジに水をつけて汚れをとる。
  2. 油汚れが多い食器を、スポンジと水で予洗いする。
  3. (2)に、コップで水をかけ、汚れを落とす。
  4. スポンジに水と洗剤をつけ、スポンジの汚れを取る。
  5. 汚れた食器・鍋を洗剤を付けたスポンジで洗う。
  6. 全てを水洗いしたら終わり。

 

節水+浄水

 

 

 

 

キッチンの蛇口には、シャワー機能が付いていない場合があります。

 

交換することで、食器も洗いやすくなり、節水できます。

 

上の商品は、浄水機能がついているため、美味しい水も飲めて、洗う時はシャワーを使用すれば、節水・時短ができます。

 

 

 

ガス代節約

 

ガスコンロを使用している場合は、コンロにアルミホイルを敷くと、熱効率が上がります。

 

アルミホイルは熱反射が良いからです。

 

冬の災害時やキャンプに、アルミシートを着るのは、アルミが体温を反射・保温してくれるからです。

 

 

火の使い方

 

鍋を火にかける際は、強火よりも中火の方が、無駄がありません。

 

料理を急いでいなければ、鍋から火がはみ出さない、程度の火力を使うようにしましょう。

 

大根や、カボチャ、ジャガイモなどは、電子レンジで加熱して煮込むと、ガス代が節約できます。

 

料理する際は、鍋のフタを使いましょう。

 

熱が逃げるのを防止できます。

 

特に夏は、フタをしないで料理すると、水蒸気が大気中に増えるため、湿度があがり部屋をさらに暑くします。

 

 

お湯

 

お湯を沸かす際は、ガスよりも、電気ケトルを使用した方が、光熱費が節約できます。

 

温めるなら、ガスや電子レンジを使用しましょう。

 

 

ガスコンロのお手入れ

 

ガスコンロがつまっていると、酸素が供給されなくなり、火力が弱くなります。

 

その分、ガスを多く使い、ガス代が上がります。

 

火の出方が悪い場合は、爪楊枝や、割りばしで汚れを取り除きましょう。

 

 

 

普段のキッチン周りの、お手入れは「セスキの炭酸ソーダ配合 アルカリ電解水」がおすすめです。

 

油汚れは、「酸性」です。

 

「セスキ・炭酸・アルカリ水」は重曹よりアルカリが強いため、汚れが簡単に落ちます。

 

 

 

 

 

 

都市ガスの利用

 

LPガスは、都市ガスの2倍ほど料金が高くなります。

 

LPガスは、ガスボンベを設置してあるところで、都市ガスはボンベがなく、ガスメーターだけ設置してあります。

 

都市ガスは、どこの家でも使えるわけではなく、都市ガスが通っていいる所だけが契約できます。

 

都市ガスのガス管は、地中に埋まっており、主に大都市に通ているので、人口が少ない地域には通っていません。

 

引っ越す際は、都市ガスが通っているか、確認するのもおすすめです。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

家事・豆知識