トップへ戻る

テレビのリモコン故障の理由【素人でもできる修理・内部構造】

テレビのリモコン故障の理由【素人でもできる修理・内部構造】

 

長年テレビを使っていると、リモコンの調子が悪くなる,
というご家庭も多いと思います。

 

実は、リモコンの故障には原因があります。

 

多くは、リモコン内部の汚れが原因です。

 

今回は、リモコン内部の構造と、素人でもできるリモコンの修理方法を、ご紹介したいと思います。

 

 

故障の重症度

 

リモコンの故障の原因は様々です。

 

  • 全く使えない
  • 反応の悪いボタン、使えないボタンがある
  • 強く押さないと、ボタンが反応しない

 

もし、全く使えないのであれば、自分で修理するのは不可能なため、メーカーや電機屋の修理に出すか、リモコンを新しく購入するしかありません。

 

リモコン購入も、お得な情報を後でご紹介するので、ご安心ください。

 

ボタンの反応が悪かったり、一部のボタンが使えない場合は、自分で簡単に修理できます。

 

 

 

 

 

故障の確認

 

電池の確認

 

電池が切れそうな時は、押しても反応しないことがあります。

 

また、全くリモコンが使えない時も、電池切れの可能性もあるので、念のために、電池を交換して、使えるか確認してください。

 

 

赤外線の反応

 

リモコンを操作する際、リモコンの先端から、光が出ています。

 

この光は、赤外線といい、テレビのスイッチを入れたり、番組を変えたりします。

 

しかし、リモコンの光(赤外線)は人の目では、見ることが出来ません。

 

リモコンから光が出ているか確認するには、スマートフォンのカメラ越しで確認する必要があります。

 

カメラ起動して、スマートフォンの画面を見ます。

 

リモコンの電源ボタンを押しながら、スマートフォンで光が出ているか確認できます。

 

明るい所では、確認できない場合があるので、暗い所で確認してください。

 


リモコンの光が付いていない

 


リモコンの光が付いている

 

 

リモコンから光が出てなければ、故障しています。

 

この場合は、自分で修理するのは難しいので、修理業者に依頼してください。

 

 

リモコンの修理

 

リモコンは素人でも簡単に、分解することが出来ます。

 

ただし、説明を見た後、失敗の不安がある方は、自分で分解せず、業者に依頼するようにしてください。

 

用意する物
  • ドライバー
  • アルコール
  • 歯ブラシ
  • 綿棒
  • 爪楊枝
  • キッチンペーパー
  • アルミテープ

 

一番必要な物は、ドライバーです。

 

リモコンを開くために、小さめのドライバー(精密機器用)が必要になります。

 

そして、開く時に、マイナスドライバーがあると、てこの原理で、開けやすくなります。

 

アルミテープは、反応の悪いボタンがあった場合に、使用します。

 

ボタン内部がすり減り、反応しにくくなっている時に、補強のような形でボタンの裏に使います。

 

あとのモノは、掃除するために、必要な道具になるので、絶対必要な物ではありません。

 

 

分かりやすい修理動画

 

 

 

 

修理方法

 

リモコンの内部構造は、単純です。

 

カバーのネジを外し、基盤のネジを外すだけで、たくさん分解する必要はありません。

 

 

まず、リモコンを開くために、固定されているネジを外します。

 

 

こちらのリモコンは、下の方にネジがありましたが、リモコンによっては、電池を入れる所にネジがされている場合があります。

 

ネジをはずしたら、爪をひっかける部分があります。

 

そこに、マイナスドライバ―などの工具を入れ、てこの原理で、リモコンを開いていきます。

 

マイナスドライバーでは、傷が付きやすいため、プラスチック製の硬いモノがあれば、傷を付けずに、作業が出来ます。

 

 

このリモコンの場合は、下の2つの穴を使って、開いていきます。(上の写真でご確認ください)

 

 

リモコンを開くと、上の写真のようになっています。

 

左が基盤になっています。

 

ボタンと基板を外します。

 

基盤は、2つのネジで固定されているため、上と中央のネジを外します。

 

 

 

さらに、リモコンのケース部分と、ゴムで出来ている、ボタンの部分を外します。

 

ボタンは、押し出すだけで、簡単に外すことが出来ます。

 

 

このリモコンは、下の方のボタンの反応が悪く、強く押さないと反応しませんでした。

 

下の写真で、ボタンの部分が、油で汚れているのですが、分かりますか?

 

 

 

ボタンの反応が悪い原因は、このべた付きでした。

 

べた付きが原因で、接触不良を起こしていたのです。

 

アルコールを綿棒や、キッチンペーパーに浸み込ませ、汚れを拭き取ります。

 

 

恐らくこの汚れは、何かをこぼして、リモコン内部に入り込んだのでしょう。

 

リモコンを開いて、ゴムの表部分には、ビックリするくらいのホコリが付いていましたが、基盤と、ゴムの接触部分には、ホコリはありませんでした。

 

基盤と、ボタンの接触部分の汚れは、リモコンの下の方の、油のべたつきだけでした。

 

 

ゴムの部分は、水洗いすると簡単に汚れを落とすことが出来ますが、水分が残ると故障の原因になるため、しっかり乾かして、取り付けましょう。

 

洗わない場合は、歯ブラシなどでホコリを取り除きます。

 

細かい所は、爪楊枝を使うと便利です。

 

掃除を終えたら、もとの様に組み立てます。

 

掃除しても反応が悪い場合

 

掃除しても、反応が悪いボタンがあった場合は、上の動画で、接触の改善方法を紹介しています。

 

やり方はボタン側(内側)に、アルミテープをボタンの形に添って、張り付けます。

 

そうすると、基盤と接地しやすくなるため、ボタンの反応が改善します。

 

 

修理より買った方が安い?

 

リモコンの修理に出すよりも、買った方が安い場合もあります。

 

録画は使わず、テレビしか見ないという方は、インターネット販売で、リモコンが1,000円程度で購入できます。

 

テレビを録画する方は、1,500円〜3,000円程度で購入できます。

 

 

テレビリモコン 国内主要メーカー対応 汎用

 

ELPA エルパ IRC-203T(BK)

 

 

 

ほとんどのテレビに対応!

 

 

 東芝(TOSHIBA) レグザ 専用 テレビリモコン

 

PerFascin CT-90320A

 

 

 

東芝以外にも、メーカーの代用リモコンが、インターネットで販売されています。

 

修理が難しかったり、リモコンの汚れがひどいようなら、新しいリモコンを購入した方がいいかもしれません。