トップへ戻る

【ダイソー】ペーパーカッターの使い方・高機能商品との比較

【ダイソー】ペーパーカッターの使い方・高機能商品との比較

 

 

ダイソー・ペーパーカッター【種類】

 

ダイソーには、ペーパーカッターが販売されています。

 

なんと2種類あります。

 

300円のペーパーカッター

 

 

600円のペーパーカッターです。

 

 

 

ペーパーカッターで、人気の商品もご紹介したいと思います。

 

100円均一ダイソーの商品と、人気のペーパーカッターの違いも、後ほどご説明させて頂きます。

 

私は仕事でよく裁断することがあったので、色々なペーパーカッターを使用しました。

 

もし、ペーパーカッターの購入を考えているなら、値段だけで決めずに、特徴もしっかり理解して、購入できれば、後悔することはありませんよ。

 

高い方が高機能ですが、使用の用途によっては、安い方がいい場合もあります。

 

 

 

人気のペーパーカッター

 

仕事などで、裁断する枚数が多い場合は、ダイソーのペーパーカッターでなはく、高機能の商品を使う方がいいでしょう。

 

一番のメリットは、手が疲れません。

 

切れ味も良く、替え刃も販売されています。

 

商品によっては、裁断だけではなく、切り取り線を入れることもできます。

 

切り取り線を入れて置けば、紙が散らかることはありません。

 

チラシや、ポップ作りに便利です。

 

 

裁断機 ペーパーカッター A4対応 40枚裁断

 

カール事務器 DC-210N

 

 

たくさん紙を切るなら、この商品です。

 

一度に40枚裁断できます。

 

また、切る時に、紙がずれないように、ロックができます。

 


出典 Amazon

 

切る枚数が多く、ロックができないと、絶対に紙がずれてしまうので、この機能はとても重宝します。

 

さらに、黄色いカバーに合わせて、紙をカットすればいいので、少しの誤差も生じません。

 

こちらの商品は、刃を変えれば、切り取り線を入れることが出来ます。

 

 

裁断機 ペーパーカッター A4対応 10枚裁断

 

カール事務器 DC-200N


 

 

こちらの商品は、私も使っている商品です。

 

私は自宅で紙を切ることがあったため、購入しました。

 

切ると言っても、たまにしか紙を切りません。

 

そして、1枚づつしか切りません。

 

私の使用頻度なら、ダイソーの商品で良かったと思っています。

 

残念ながら、購入時には、ダイソーでは販売されてなかったのです。

 

しかし、ダイソー商品とは違い、とても高機能です。

 

紙をロックする機能はありませんが、切れ味が良いため、一度に10枚切ることが出来ます。

 

また、A4サイズが台の上にすっぽり乗るため、切る時に、紙がずれる心配がありません。

 

こちらの商品も、刃の交換が可能で、刃を変えれば、切り取り線を入れることもできます。

 

 

裁断機 ペーパーカッター A4対応10枚裁断

 

YZS 300mm×250mm

 

 

こちらは、スライドで裁断するのではなく、上から刃をおろして裁断します。

 

スライド式と違い、紙をスライサーの間に、挟む手間がないため、時短でカットできます。

 

 

 

ダイソー・ペーパーカッター【特徴】

 

仕組み・特徴

 


出典 ぴなこ製作所(仮)

 

300円・600円商品は、サイズや色の違いがありますが、機能はほぼ同じです。

 

「紙台」が小さいため、長い紙の場合は、斜めに切らないように、「延長目盛りバー」を使います。

 

「目盛りバー」は、折りたたみ自由で、「レール」に垂直にセットし、紙を「目盛りバー」に平行に沿わせることで、正確に切ることが出来ます。

 

スライダーは、コンパクトサイズです。

 


出典 えんウチ

 

手でつまんで、紙を切るため、切る紙が多いと、手が疲れやすいかもしれません。

 

ただし、ダイソー商品でも、しっかり切ることができるので、カットする紙が少ないなら、ダイソー商品がおすすめです。

 

そして、コンパクトなので、収納スペースに困りません。

 

300円・600円どちらの商品も、超薄型です。

 

本棚や、ちょっとした隙間に、収納することが出来ます。

 

 

 

 

普通のペーパーカッターは、厚みがしっかりあります。

 

 

 

 

300円・ペーパーカッター

 

 

 

 

300円のペーパーカッターの「レール」の長さは、A4の用紙の短い方と同じ長さになります。

 

 

600円・ペーパーカッター

 

 

 

600円のペーパーカッターは「レール」に、A4の用紙の長い方も収まります。

 

「紙台」は黒で、白の線が引かれているため、300円の商品よりも、見やすくなります。

 

下の写真は、私が使用しているペーパーカッターです。

 

 

A4サイズがすっぽり、収まりまるため、切る時に紙がずれることはありません。

 

しかし、私の使用目的は、紙を直線に切ることだけなので、ダイソーのペーパーカッターでも十分だと思います。

 

こちらのペーパーカッターは大きいので、紙を一枚だけ切るのには、出し入れが面倒だと思っています。

 

 

 

ダイソー・ペーパーカッター【使い方】