トップへ戻る

ヘアスプレーを完全に落とす方法【2度洗い・放置時間不要】

ヘアスプレーを完全に落とす方法【2度洗い・放置時間不要】

 

ハードタイプのヘアスプレーが中々落ちずに、困っている人は、多いのではないでしょうか?

 

「コンディショナーをして、数分放置すると、スプレーが落ちやすくなる」というのは、よく知られた方法です。

 

しかし、忙しいとそんなゆっくり、お風呂に入っている暇はありませんね。

 

今回は「こんな落とし方があったんだ」という情報をご紹介します。

 

 

ヘアスプレーの成分

 

 

スーパーハードのヘアスプレーの成分は、おおまかに噴射剤と原液が入っています。

 

では、その役割について説明していきます。

 

噴射剤

 

LPG(ガス)、DME(ガス)

 

 

 

原液

 

エタノール

防腐剤、原料を混ぜ合わせる役割

 

 

コポリマー

膜を作り、髪をコーティング、耐水

 

 

AMP

ph調節剤

 

 

BHT

酸化防止剤

 

 

PG

保湿、抗菌、(グリセリン似た性質)

 

 

PPG-9ブテス-12

香料、乳化剤

 

 

パルミチン酸エチルヘキシル

香料、保湿

 

 

ポリウレタン−14

膜を作り、髪をコーティング、防水

 

 

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

UXカット、変色防止

 

 

 

 

水添ロジン酸ペンタエリスリチル

潤い、ツヤだし

 

 

変性アルコール

オイル成分を溶かし込む

 

 

 

スーパーハードのヘアスプレーは、ヘアセットを崩さないため、合成樹脂で髪に膜をはっています。

 

おすすめ記事

 

ヘアスプレーって何でできてるの?EPARKビューティー

 

 

 

 

キープ力の鍵「合成樹脂」

 


木の幹を傷つけると、ドロッとした液体が出てきます。

 

この液体を樹液と言います。

 

そして、樹液は天然樹脂と呼ばれます。

 

科学的に天然樹脂に、似せて作りだしたものを、合成樹脂と言います。

 

合成樹脂とはどんなものか?

 

それは私たちの身の回りに、たくさんある「プラスチック」の事です。

 

プラスチックは、熱や圧力を加えて、目的もモノに形を変えて、作りだすのです。

 

おすすめ記事

 

天然樹脂・合成樹脂とプラスチックとは? 科学のあゆみ

 

 

 

樹脂はどうやってできる?

 

プラスチックは、石油からとれる原料(モノマー)を、化学反応させて作ります。

 

 

 

 

 

 

単体のモノマーを化学反応させて、合成樹脂をつくります、その化学反応の事を「重合(じゅうごう)」といいます。

 

おすすめ記事

 

石油からモノマー J-STAGE「科学技術庁」

 

樹脂は石油から作る住友精化

 

 

ハードスプレーに入っている「コポリマー」が、合成樹脂になります。

 

コポリマーは、石油からできたモノマーの集合体です。

 

 

 

スプレーを落とす(今までの常識)

 

  1. 髪をお湯で、よく濡らす
  2. コンディショナーをつけて、揉み込む
  3. 蒸しタオルで、髪を包む
  4. 5〜10分放置し、ブラシでとかし、洗い流す
  5. シャンプーをする

 

一般的には上のような手順で「ハードスプレーが落ちる」と、言われています。

 

ハードスプレーを付けている量が少ない人なら、このやり方でも、問題ありません。

 

しかし、ガチガチにセットしている人は、このやり方では、全く落ちません。

 

そして、5〜10分放置できるでしょうか?

 

忙しい毎日、お風呂でコンディショナーの放置時間を、待てる余裕がない人が、ほとんどだと思います。

 

そこで、新しいやり方を考えました。

 

 

 

【新】ハードスプレーの落とし方

 

ガチガチに固めている人の、ハードスプレーの落とし方は、オリーブオイルを使います!

 

手順
  1. オリーブオイルを髪につけ、揉み込む
  2. シャンプーをする
  3. コンディショナーをする

 

オリーブオイルの量は、ハードスプレーを付けている量によって、異なります。

 

まずは、髪に馴染むくらいの量を手に出し、髪に付けます。

 

揉み込みながら、手ぐしや、ブラッシングをしてください。

 

スプレーが取れたと実感するまで、付けてください。

 

スプレーで固めたところが、崩れたのが分かったところで、オリーブオイルを洗い流し、シャンプーをします。

 

これで、ハードスプレーが残っているような、ベタベタ感はなくなります。

 

オリーブオイルで落ちる理由

 

ヘアスプレーの合成樹脂(コポリマー、ポリウレタンなど)が、髪型をしっかりキープしています。

 

しかし、髪につけたスプレーの量が多いと、普通のシャンプー手順では、落ちません。

 

通常のヘアスプレーの落とし方では、シャンプー前に、コンディショナーをします。

 

その理由は、コンディショナーに含まれる油分で、ヘアスプレーの合成樹脂が溶け、汚れが落ちやすくなるからです。

 

また、ヘアスプレーに含まれる合成樹脂は、熱にも弱いため、蒸しタオルをすることで、汚れが落ちやすくなる性質もあります。

 

ただし、ヘアスプレーの量が多いと、コンディショナーをしても、汚れを完全に落とすことができません。

 

ハードスプレーを沢山使っている場合は、オリーブオイルを、髪に付けると、もっと簡単に落とすことが出来ます。

 

トリートメントとコンディショナーの違い

 

一般に、リンスとコンディショナーはどちらも、主に髪の表面をなめらかにするものです。

 

 最近では、髪の表面層(内部)に浸透し、髪の傷みを補修するトリートメント効果を持つタイプもあります。

 

一方、トリートメントは髪の内部に成分を浸透させて、髪の状態を整えるもの。

 

引用 花王「リンス・コンディショナー…」

 

 

 

 

マヨネーズトリートメントは危険!

 

オリーブオイルをで、ヘアスプレーが落ちるということを説明してきましたが、もっと驚きの情報があります。

 

実は、オリーブオイルよりも、マヨネーズが最強かもしれないということです!

 

ガムを溶かす実験をした人がいます。

 

 

 

 

ガムの成分

 

 

 

「酢酸ビニル樹脂」と「ポリイソブチレン」は合成樹脂です。

 

また、樹液は合成樹脂に似た性質があります。

 

ガムの原料の大部分は、天然樹脂と、合成樹脂で出来ています。

 

 

ガムを噛んでいるときに、チョコレートを食べると、溶けてしまった経験はありませんか?

 

ガムはチョコレートの油で、溶けてしまうのです。

 

それと同じで、油分の多いお菓子は、ガムを溶かします。

 

そこで、ガムを溶かすために、マヨネーズとサラダ油を使った、実験があります。

 

結果は…

 

マヨネーズは、ガムを完全に溶かしました。

 

サラダ油は、溶けたのですが、少し残りました。

 

ガムが溶けた要因は、マヨネーズには、油と乳化剤が入っていたので、完全に溶けたと考えられます。

 

マヨネーズには、乳化剤の役割として、卵黄が入っています。

 

ガムの樹脂成分を溶かしたのは、マヨネーズの油分と、乳化剤が作用したので、完全に溶けたのです。

 

そのため、ヘアスプレーの合成樹脂成分も、マヨネーズだともっと簡単に、落とすことが出来切るのではないかと思います。

 

髪につけた場合も、マヨネーズは質感がコンディショナーと似ているため、つけやすいので、試してみてもいいかもしれません。

 

 

 

マヨネーズ試した結果

 

あまり落ちない

 

マヨネーズトリートメントを試した結果、あまり落ちませんでした。

 

むしろ、ヘアスプレーとマヨネーズが混ざり合って、洗い流す際に、体に付着したような感覚がありました。

 

やり方次第で、結果が変わるかもしれませんので、興味のある方は、実験してみてください。

 

※ 整髪料にアレルギーがある方は、ご注意ください。

 

私がためした結果…

 

私はヘアスプレーにアレルギーがあります。

 

マヨネーズトリートメントをしたことで、髪と体に付着して、1週間ほど皮膚に付着した感覚が残りました。

 

その結果、何らかのアレルギーを発症し、2か月以上、蕁麻疹が出てしまいました。

 

病院で処方された薬も効果がありませんでした。

 

ヘアスプレーのアレルギーがある方は、実験はしないようにしてください。

 

 

 

おすすめ記事

 

◆急性リンパ性白血病◆(ヘアスプレーアレルギー)

 

 

 

 

 

 

■ マヨネーズのニオイ

 

マヨネーズには、酢が入っているため、酸っぱいニオイがしますが、洗い流せば、酸っぱいニオイは消えます。

 

しかし、卵黄のタンパク質が、頭のニオイの原因になる可能性があります。

 

試す場合は、シャンプーでしっかり洗い流しましょう。

 

 

 

 

■ おすすめ記事

 

頭の臭い・痒みの原因と対策【頭が犬臭い・湿疹・脂性・フケ】

 

 

 

 

オリーブオイルの代用

 

オリーブオイルの代わりとして、「ごま油」と「メイク落とし用のオイル」を試してみました。

 

結果は、オリーブオイルが一番!

 

ごま油を使用した場合、ハードスプレーはしっかりとれますが、ゴマのニオイが強いため、おすすめできません。

 

シャンプーしても、ニオイが少し残ります。

 

メイクオイルは、髪につけるには、サラサラしすぎるので、多くの量が必要になります。

 

沢山つけても、完全にハードスプレーを落すことはできません

 

 

 

しっかり固まるハードスプレー

 

サロンスタイル スーパーハード

 

 

 

キープ力が強い上に、髪に触れても白くなりません。

 

雨や風にも強い!

 

口コミで、人気が広がっている商品です。

 

 

スプレー豆知識

 

■ 冬場にスプレーの、噴射が悪くなることが多くあります。

 

その場合は、噴射ボタンを一度外して、お湯につけることで、吹き出し口に詰まった成分が溶け、出やすくなります。

 

 

■ スプレーした後、自然乾燥するよりも、ドライヤーで乾燥させると、セットが崩れにくくなります。

 

(ただし、落とす時は、落ちにくくなります。)

 

 

■防水スプレーには、フッ素が配合されています。

 

フッ素はドライヤーの熱で、撥水効果を発揮します。

 

しかし、ヘアスプレーに入っている、コポリマーは、フッ素と性質は違うため、熱で耐水性がアップすることはありません。

 

 

 

おすすめ記事

 

お得な裏ワザ【生活・節約・仕事・通勤・職場の人間関係】

 

 

 

 

マンダム メンズヘアスプレー スーパーハード

 

 

 

男性に人気の商品。

 

こちらも、しっかりキープし、白い粉がでません。

 

 

フィヨーレ クリエイティブデザイン ムービングハード

 

 

 

プロ専用ヘアスプレー

 

素早く乾いて、しっかり固定します。

 

UVカットで、髪を保護

 

煙草などの不快なニオイを抑える成分配合

 

 

 

  美容