トップへ戻る

美顔器【超音波・ラジオ波・LED】使用方法を間違うと危険

美顔器【超音波・ラジオ波・LED】使用方法を間違うと危険

 

女性なら、いつまでもキレイだでありたい、と思うものです。

 

しかし、エステに通うとなると、お金もかかるし、時間を作ってお店まで、足を運ばなければなりません。

 

多くの女性たちの悩みを解決してくれるのが、自宅で手軽にできる、美顔器です。

 

最近では、エステと変わらない、高性能な商品も、多数販売されています。

 

しかし、使い方を間違えると、きれいになるどころか、肌がボロボロに…

 

今回は、美顔器の種類や機能、注意点をご紹介します。

 

 

美顔ローラー

 

顔や体を、コロコロするだけで、ジェルや電源不要の、簡単美顔器です。

 

肌の上を転がすことで、手もみ感覚の、マッサージ効果を得られます。

 

顔のマッサージをするときは、顔用の小さな、美顔ローラ―を使用すると、細かい所まで、マッサージできます。

 

マッサージ後は、血行が良くなったことが実感できます。

 

マイクロカレント

 

美顔ローラ―は、持ち手部分にあるソーラーパネルにより、光を取込み、微弱電流を発生させます。

 

微弱電流がマイクロカレントになります。

 

人間の体には、もともと微弱電流が流れており、その電流の事を「生体電流」マイクロカレントと呼びます。

 

生体電流は、体の機能全てを動かしている、電流になり、私たちの体に重要な役割をしています。

 

体に流れる、生体電流が滞っている場合、肩こりや、腰痛、血流が悪くなり、体の様々なところに、不調が起こりやすくなります。

 

美顔ローラ―でマッサージすることで、マッサージ効果プラス、生体電流を整え、ダブル効果で、血流が良くなるという仕組みです。

 

 

ボディー用ローラー(顔)

 

 

顔用 美顔ローラ―

 

顔のマッサージには、小さいローラーがオススメです。

 

コロコロするだけでも、気持ちが良く、特に、あごのたるみには、効果を感じることが出来ます。

 

 

類似品

 

美顔ローラ―は、手軽にできることで、大変人気の商品です。

 

そのため、類似商品が多数販売されています。

 

類似商品の中には、粗悪品も出回っているようです。

 

  • 金属アレルギーが起こりやすい
  • ローラーの回転が悪い
  • マイクロカレントが発生していない

 

粗悪品の詳細

 

MTG当社の模倣品対策

 

 

マッサージのやりすぎ

 

マッサージのやりすぎは、肌に青あざが出来るため、注意が必要です。

 

痛みが出るくらい、マッサージをしないようにすることが大切です。

 

また、毎日ではなく、2日〜3日に一度マッサージするようにしましょう。

 

 

 

光 美顔器

 

光を当てるだけで、肌に、様々な効果が得られます。

 

  • …  血行促進、アンチエイジング
  • …  ニキビの元アクネ菌を撃退
  • …  傷跡の鎮静効果
  • 黄色 … 新陳代謝促進、ターンオーバー正常化
  • 水色 … エネルギー吸収促進
  • … 活性酸素を除去し、肌状態の悪化を防ぐ
  • … しわ・たるみ対策

 

LEDの光は様々な研究機関で、効果について実験が行われています。

 

LEDの効果を詳しく知りたい方

 

LEDが持つ驚異の治療効果 WIRED

 

LED光源の開発と皮膚医学応用 京都大学

 

 

 

LED美容マスク

 

 

 

マスクをがぶるだけなので、簡単!こちらのマスクは、光の強さが10段階あります。

 

エステに通っていた人が、このマスクで、エステ並みの効果を感じるとのコメントが多数あり、話題の商品です。

 

 

 

多機能美顔器

 

美ルル

 

 

これ一台で、光エステ・振動による引き締め、代謝アップなど、様々な効果を得られます。

 

U字になっていることで、効率よく顔にフィットします。

 

目の周りや、頬、あごなど、顔のカーブに合う形で、使い心地の良い美顔器です。

 

 

 

 

光 脱毛器 ケノン

 

 

 

脱毛器+美顔器

 

1台で、全身永久脱毛が出来ます。

 

専門店での脱毛は高額ですが、こちらの商品は、家庭用としては少し高額ですが、完全に脱もできます。

 

口コミで人気爆発の商品です。

 

脱毛以外にも、美顔機能があり、しみやシワの、改善効果が見込まれます。

 

 

 

LED美容の注意点

 

LEDの光はとても強い光です。

 

LEDは、正しい使い方をすれば、肌に良い効果をもたらしますが、目に強い光を受けると、頭痛の原因にもなります。

 

LEDが放つ光は「可視光線」で、人が見ることが出来る光です。

 

LEDの光は、様々な色(波長)の光を発していますが、特に、青い光を強く発しています。

 

強い光を放っているため、長時間目に当て続けると、気分が悪くなったり、視力が落ちる可能性があります。

 

美容のために、目の周りにLEDをあてる時は、目に直接光が当たらないように、注意してください。

 

 


出典 一般財団法人 京浜保健衛生協会

 

 

 

 


出典 EnergyChord

 

 

 

 

 

 

超音波・ラジオ波

 

超音波

 

超音波美顔器の家庭用は、周波数が1~3MHzの音波を利用したものが、多く販売されています。

 

超音波は高周波なので、肌内部に働きかけます。

  • クレンジング効果
  • マッサージ効果
  • 血行促進・老廃物の排出

 

 

ラジオ波

 

ラジオ波(RT波、高周波)

 

ラジオ波は300KHz〜300MHzの周波数で、超音波よりもさらに、高周波です。

 

体に当てると、体内の水分を振動させて、熱を作りだすします。

 

ラジオ波が生み出す振動で、脂肪が溶けて、新陳代謝が良くなります。

 

 

 

様々な周波数

 

 

※長さの単位

 

 

 

美顔器 超音波RF 高周波

 

YA-MAN(ヤーマン) 美顔器 RFボーテ フォトプラスEX

 



超音波の作用で、毛穴の汚れを除去したり、肌に効率よく栄養を与えることが出来ます。

 

ラジオ波の作用で、肌にハリや弾力をを与えます。

 

クールモードで、肌を引き締め、毛穴を目立たなくしてくれます。

 

EMSモードで、リフトアップ効果。

 

 

超音波・ラジオ波の注意点

 

美顔器専用ジェルを使用しなかった場合、美顔器が肌に密着していないことで、接触部分の一部に強く作用し、肌を傷める危険性があります。

 

使用時間や使用頻度が多すぎると、肌を傷めます。(やけどのようになります。)

 

長時間使用しては、逆効果になるため、決められた使用方法を守って使うことが大切です。

 

目安は、週に2〜3回程度です。

 

 

 

EMS・低周波・高周波

 

EMSとは

 

筋肉は、電気が流ると縮み、電気が流れないと緩む性質があります。

 

EMSは、この性質を利用し、電気信号を送ることで筋肉を動かしています。

 

EMSの電気刺激は、出力や周波数を変えられるため、その人に合わせて使用することが出来ます。

 

日本では、低周波治療器は、医療機器になりますが、美容・健康目的の機器をEMSと呼びます。

 

EMSは、医療機器ではないため、エステやスポーツ目的など、幅広い用途で使用されます。

 

家庭用で販売されている、EMSは、20Hz〜100Hzの機器がほとんどです。

 

低周波

 

周波数 … 0,1Hz〜1000Hz

 

低周波は、大きい波になるため、皮膚が抵抗を受けます、そのため、ピリピリとした感覚があります。

 

また、皮膚への抵抗が強いことで、浅い部分のみの筋肉運動になります。

 

中周波

 

周波数 … 1000Hz〜10000Hz

 

電気の波が低周波より、細かくなるため、皮膚への抵抗は少なくなります。

 

そのため、筋肉運動は置きずらくなります。

 

 

高周波

 

周波数 … 10,000Hz以上

 

皮膚への抵抗が少なくなるため、ピリピリ感はほとんどありません。

 

通電の深さも、奥まで入るため、身体の深い所に作用します。

 

100,000Hz(100KHz)を超えると、通電の深さは、皮下15pまで達します。

 

そのため、脂肪燃焼効果が期待できます。

 

 

 

 

※ Hz(ヘルツ)は、1秒に波が何回起きるのかを表します。

 

 

 

おすすめ記事

 

低周波と高周波何が違う? パナソニック

 

 

 

 

EMS 腹筋ベルト SLOTREEMS

 

 

 

ピタッと貼るだけで、筋肉運動が出来ます。

 

あまり体を動かすことが、少ない人にはお勧めです。

 

強さ調節ができるため、筋肉に負担をかけすぎることなく、使うことが出来ます。

 

 

 

キャビテーションEMS ラジオ波

 

belulu Caviup

 

 

キャビテーション=超音波

 

超音波により発生した高速振動で、間質液の中に気泡をつくり、その気泡が破裂します。

 

それにより、引き締め効果が期待できます。

 

ラジオ波で、体を温めることで、脂肪を燃焼しやすくし、EMSで肌の引き締め効果があります。

 

また、赤色LEDで、血行促進により、効率よく、体を引き締めることが出来ます。

 

 

 

EMS・高周波の注意点

 

EMSや低周波治療器などは、副作用が出ることは、あまりないようです。

 

しかし、高周波になると、振動数が多く、エネルギーが強いために、効果が実感しやすい反面、肌への負担が多くなります。

 

超音波(キャビテーション)、高周波、ラジオ波のマッサージ器や、美顔器を使用する場合は、同じところに、当てすぎないようにしましょう。

 

また、毎日行うのではなく、1週間に2〜3回程度にとどめておくのが良いでしょう。