トップへ戻る

スマホの通信速度を早くする方法【雨の日・電波の入りが悪い】

スマホの通信速度を早くする方法【雨の日・電波の入りが悪い】

 

スマートホンの電波の入りが、悪いことはありませんか?

 

もともと、電波の入りが悪い場所や、雨の日はスマホの、通信速度が遅くなります。

 

今回は、スマホの通信速度を改善できる、裏ワザをご紹介します。

 

100円均一のダイソーで、購入できる材料で作ることが出来る、電波改善グッズです!!

 

 

電波が入りにくい地域

 

スマートホンや、携帯電話(ガラケー)の電波が入りにくい場所は、山が多い地域です。

 

人口が少ない場所は、携帯会社の基地局も少ないため、スマホや携帯が電波を拾いにくい状況です。

 

都会に住んでいる方は、知らない情報かもしれませんが…

 

田舎に強い、携帯会社があります!

 

それは…「KDDI」です!

 

KDDIとは、auのことですが、実はauが一番、田舎に強いのです。

 

場所によって、auの電波が入らないが、ドコモが入るという地域もあります。

 

しかし、圧倒的に、田舎はauの電波が入りやすいです。

 

この情報は、田舎で仕事をしている、営業マンの方々に伺った情報なので、間違いありません。

 


auの次に、田舎に強いのは、ドコモでした。

 

残念ながら、ソフトバンクの携帯は、田舎には弱いため、これから田舎で営業を始める方には、あまりおすすめできません。

 

 

 

雨の日は電波悪いの?

 

スマホを操作していて「なんだか、今日はスマホがサクサク動かない」と感じたことはありませんか?

 

実は、雨の日はスマホの、通信速度が遅くなります。

 

電波は、水に吸収されやすい性質のため、スマホへ電波が届きずらくなるからです。

 

また、雨の日は、外出が減るため、スマホを触る時間が増えます。

 

多くの人が一斉に、スマホを触ることで、通信速度が落ちてしまうのです。

 

 

 

ランチタイムはスマホが遅い!

 

時間帯によって、スマホの通信速度が、遅くなる場合があります。

 

平日のお昼時は、一斉にスマホと使う人が増えるため、通信速度が落ちやすい時間帯です。

 

また、夜は9時〜11時までがスマホと使う人が多いため、この時間も通信速度が落ちやすい時間帯です。

 

 

 

 

 

 

 

【ダイソー材料DIY】通信速度を早くする方法

 

スマートホンの通信速度が遅い!

 

YouTubeがサクサク、動かない時に、有効な方法があります。

 

パラボラアンテナの活用です!

 

パラボラアンテナは、電波を一か所に集めることで、電波を強くします。

 

私たちの身近なところでは、衛生放送の受信アンテナとして使用されています。

 

取り付けることで、通常のテレビ番組では見ることが出来ない、BS放送、CS放送などを楽しむことが出来ます。

 

また、電波望遠鏡や、宇宙通信などにも使われます。

 

 

パラボラアンテナの仕組み

 

 

パラボラアンテナは、金属製で、お椀のような形をしています。

 

お椀が大きくなるほど、電波を受信する力は強くなります。

 

パラボラアンテナは、白いモノがほとんどですが、その理由は、外に設置してあるため、太陽熱の影響を受けないためです。

 

 

パラボラアンテナDIY

 

簡単な材料で、パラボラアンテナを作ることが出来ます。

 

 

材料

 

材料は100円ショップ(ダイソー・セリア)にも、販売されているので、300円で作ることが出来ます。

 

 

作り方
  • イーゼルにボールをのせる
  • ボールの後ろから、落ちないように、クリアテープで固定する
  • スマホを、ボールの中に置いて、動画を見る

 

 

パラボラアンテナは中心に、電波を集めるため、中心にスマホを置く必要があります。

 

しかし、スマホをボールの中に適当に、乗せてみたら、それだけでも電波が良くなりました。

 

スマホをボールの中に置くだけでも、電波が改善します。

 

Wi-Fiルーターの電波が、入りずらい時にも有効です。

 

Wi-Fiルーターに使用する場合は、窓際に置くとさらに有効。

 

 

 

 

電波改善グッズ

 

スマートフォン用 電磁波吸収シート

 

 

 

今、話題の電磁波吸収シートです。

 

360度方向の電磁波を吸収!

 

幅広い帯域に効果!

 

さらに信号強度を強化! 特殊なアンテナ技術で通話品質を快適に保ちます。

 

 

電磁波防止シール

 

 

 

 

99%以上の電磁波を遮断できます。

 

薄いので、携帯の間にも貼り付け可能です。

 

スマホやタブレットだけでなく、ドライヤーや電子レンジ等の家電にも使用可能です。

 

※こちらの商品は、電波強化などの、効能をうたっていませんが、購入者の使用後のレビューで、「スマホの電波改善や、電池の持ちが良くなった」「車の燃費が上がった」などの感想がよせられています。

 

 

 

 

通信速度を計るアプリ

 

通信速度を、計ってくれるアプリがあります。

 

通信速度が遅いと思ったら、アプリで、速度計測!

 

自宅のどこが、電波が届きにくいなどが分かれば、電波状況を改善することが出来ます。

 

 Wi-Fiミレル

 

  

 

 

 

 

 

無線ランの近くに、スマホを持っていくと、100になり、距離を置くと、数値が減少します。

 

自宅で電波が入りにくい場所があれば、インターネットの中継器を設置することで、電波状況を改善できます。

 

 

 

 

自宅で快適(無線ラン)

 

自宅でインターネット回線をひいておくと、通信量を気にすることなく、インターネットを利用することが出来ます。

 

しかし、一軒家の場合は、電波が2階や、端まで届きにくいこともあります。

 

また、壁の内部に土を使用している家は、電波が壁を通り抜けられないため、中継器を置く必要があります。

 

水槽がある家も、水が電波を吸収するため、インターネットの通信速度が遅くなります。

 

 

【無線LANルータ】バッファロー 11ac対応

 

WSR-2533DHPL-C

 

無線ランの親機になります。

 

自宅にインターネットをひいて、無線ランを設置することで、ケーブル無しで、インターネットが出来ます。

 

スマートホンから、パソコン、タブレット、テレビなど無線で使えます。

 

容量を短時間で、転送する高速規格の無線ランです。

 

 

【無線LAN中継機】バッファロー WiFi 

 

WEX-1166DHPS

 

自宅で電波が届きにくいと感じたら、中継器を設置することで、サクサクインターネットを見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

ネット検索は何を使てる?

 

ネット検索は、Googleを使用している方が、多くいますが、Yahoo!で検索をている方も半分近くいます。

 

どちらも、検索エンジンは同じです。

 

 

何かを調べたい時、検索結果がすぐに出来ない時があります。

 

その場合は、検索しているブラウザを変更することで、簡単に表示されることがあります。

 

Googleで検索したものが、中々表示されない場合は、改めて、Yahoo!で検索する。

 

Yahoo!で検索して、中々表示されない場合は、Googleで検索する。

 

この方法で解決できるケースは、意外に多くあります。

 

原因は、はっきりとは分かりませんが、何らかの通信障害や、アクセスが集中しているためだと思います。

 

 

 

アルミホイルとスマホ

 

ちょっとした豆知識ですが、アルミホイルで、スマホを包んでしまうと、スマホが圏外になります。

 

ただし、隙間があった場合は、電波を拾ってしまうため、試してみる場合は、しっかりくるんでください。

 

携帯電話が、圏外になると、困ることの方が多いので、実際に、電波を遮断しても、メリットはありません。

 

しかし、この方法は、車の盗難防止に役立つのです!

 

リレーアタックを知っていますか?

 

最近の車は、スマートキーを、多く採用されています。

 

鍵を回したり、カギについているボタンを押さなくても、ドアノブに触れるだけで、カギが解除されます。

 

カギが開く理由は、スマートキーから電波が出ているため、軽く触れただけで、カギが開くのです。

 

犯罪者が、この機能を利用して、スマートキーの電波の信号を読み取り、車のカギを解除しします。

 

車の盗難を防ぐための方法として、スマートキーを、アルミホイルでくるむことで、電波を遮断できます。