トップへ戻る

エアコンの運転切り替えの電気代・何kWh?【冷房→暖房】

エアコンの運転切り替えの電気代・何kWh?【冷房→暖房】

 

 

エアコンを運転した状態で、冷房から暖房切り替えても、電気代は高くなりません。

 

今回は、1時間ごとの明細があるので、それを元に、どれくらい電気の使用量だったのかご紹介します。

 

また、その日にどのような電気の使い方をしたのかも、詳しく説明していきますので、エアコンを効率的に使いたい方は、よかったら参考にしてみてください。

 

 

 

エアコン運転切替の電気代

 

エアコンが運転している時、「冷房→暖房」に切り替えるても電気代は、高くなりません。

 

ただし、切り替える時に、極端な温度差に設定すると、電気代は高くなります。

 

 

切替で高くなる温度差は?

 

部屋の温度が20℃から30℃にする場合、エアコンがフル稼働するので、電気の使用量が多くなり、電気代も高くなります。

 

例えば、真夏の帰宅直後の部屋は、暑いですよね?

 

その時に、エアコンを稼働させると、部屋の温度を下げようとエアコンがフル稼働し、電気の使用量が多くなります。

 

夏の場合は、自宅にいない時の冷房温度は、30℃で付けたままにして、帰宅した時に、27℃に設定する方が、電気代が安くすます。

 

ただし、冬の場合は、外の温度(5℃)と、快適温度(25〜28℃)に差があるため、暖房を入れたままだと電気代が高くなります。

 

 

 

 

 

エアコンの運転切替の電気使用量

 

下の図は、5/23〜24の2日間の電気の使用量です。

 

冷房から暖房切り替えたのは、24日の9:34ですが、9時台の使用量(kWh)は高くなっていません。

 

 

5/23の電気使用量

気温・天気
最高27.8 最低16.2 晴れ

 

 

5/24電気の使用量

気温・天気
最高20.8 最低16.6 雨→くもり

 

九州電力は無料会員登録をすると「マイページ」から、1時間・1日・1月ごとの電気代を見ることが出来るようになります。

 

 

23日〜24日間の冷房30℃の間の1時間ごとの使用量は0.10〜0.20kWhです。

 

そこから、暖房28℃に切替しても0.20kWhの使用量です。

 

これから分かることは、温度差があまりない中での、冷暖房の運転切替は、電気の使用量は少ないということです。

 

 

 

24日の9時台の電気代

 

エアコンの冷房から暖房に切り替えた時の24日9時台の使用量は0.20kWhなので、その時間の電気代は4.052円ほどになります。

 

 

九州電力の電気の計算

 


出典 九州電力

 

九州電力の場合、120kWhまで1kWhあたりの電気の単価は、17.46円かかります。

 

120kwh(17.46円)→ 2,095円まで

 

121〜300kWh(23.06円)→ 6,222円まで

 

301kwhを超える使用量(26.06円)

 

私の家の電気代は、毎月4,000円以下で、300kWh未満の使用量なので、1kWh約20.26円になります。

 

計算式

 

17.46円×23.06円=20.26円

 

20.26円×0.20kWh=4.052円

 

 

 

 

 

なぜ冷房→暖房に?

 

なぜ、冷房から暖房を入れたのか?

 

私は洗濯物を乾かすために、エアコンは付けたままで、冷房から暖房に運転を切り替えました。

 

5月に入って気温が温かくなり、エアコン(暖房)を使わなくてよくなりましたが、少し暑くなる日もあるので、夜にエアコン(冷房)を入ることがあります。

 

5/23日は、少しだけ暑かったので、夜から冷房を入れました。

 

寝るころには、冷房が寒かったのですが、寝ている時に暑くなるのが嫌だったので、エアコンは30℃で入れたままにしました。

 

30℃の冷房だと、エアコンはほとんど運転していないため、電気の使用量は少なくすみます。

 

途中で暑くなれば、温度を下げればいいので、切ったり、付けたりするより、電気代は高くなりません。

 

確実に、使わないなら、エアコンは切った方がお得ですが、使うかもしれない時は、エアコンをスリープ状態にすれば電気代は高くなりません。

 

 

エアコンのスリープとは?

 

夏に冷房を入れた場合、30℃にしておくと、ほとんどエアコンは運転しないので、エアコンはスリープ状態になります。

 

そのため、電気の使用量は少なくすみます。

 

冬の場合は逆で、暖房16℃にすると、スリープ状態になります。

 

エアコンはスイッチを「付けたり、切ったり」すると電気代が高くなるので、「またエアコンを付けるかもしれない?」と思うなら、エアコンをスリープ状態にした方がお得です。

 

 

 

部屋干し・エアコン早乾き

 

梅雨に洗濯物を乾かすなら、エアコンの「除湿機能」ではなく、「暖房」がおすすめです。

 

梅雨の時期(5〜7月)は、部屋の中の湿度が高く、部屋干ししても洗濯物が早く乾きませんね。

 

梅雨の時期に、部屋がジメジメした場合、エアコンを入れるとしたら、除湿を使う方が多いと思いますが…

 

実は除湿をすると、部屋の温度が下がるので、洗濯物が乾くスピードが遅くなります。

 

さらに「室温・気温」が低い程、空気が水分を蓄えられないので、部屋の中の湿度も高くなるんです。

 

温かい季節(5〜6月)でも、一時的に暖房を入れた方が、洗濯物が早く乾きます。

 

早く乾けば「部屋干し臭・雑菌の繁殖」を防ぐこともできます。

 

なるべく短時間で乾くように、扇風機やサーキュレーターを一緒に使うと、風の流れが起きて、部屋にいる時の暑さも軽減します。

 

 

 

 

何度に設定?

 

洗濯物を乾かす際、何度に設定すればいいのか?

 

冬であれば、暖房の温度が低めの24℃程度でも、洗濯物を乾かすことが出来ます。

 

5〜7月で、部屋の温度がすでに25〜26℃なら、エアコンの暖房の温度は28℃以上にしなければ、エアコンが停止状態(スリープ)になります。

 

エアコンが運転できる温度に、設定してください。

 

暖房を入れても、ほどんど稼働していないなら、設定温度が低いので、少し暑くても、エアコンが運転できる温度にする必要があります。

 

 

何時間で乾く?

 

洗濯物の量にもよりますが、エアコンの暖房を3時間の運転で、ある程度の洗濯物が乾きます。

 

外出する際は、3時間運転のタイマーを入ておくと、熱い思いをしなくてすみます。

 

部屋にいる場合は、熱中症にならないように、扇風機を使いながら暖房を入れ、3時間したらスイッチを切りましょう。

 

後は、自然乾燥させてください。

 

 

物干し竿 折りたたみ・伸縮

 

 

 

部屋干しでも、しっかり干せる、大容量の物干しざおがあると便利です。

 

こちらは、竿も取り外せて、折りたためるので、収納もコンパクトに収まります。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ →