トップへ戻る

◆急性リンパ性白血病・クローン病◆闘病日記6

◆急性リンパ性白血病・クローン病◆闘病日記6

 

 

2回目の入院「治療内容」

 

急性リンパ性白血病の治療を始めて、初めの治療で、1か月ちょっと入院をしました。

 

白血病の治療は、長期的に入院したまま治療を続けるのではなく、1回の治療(入院)が、約1か月ほどかかり、1週間ほど退院する、ということを繰り返します。

 

1回目の治療では、頭痛が出たり、だるさが出たりと、大変でした。

 

しかし、退院する頃は、いつもと変わらないように元気になり、退院中の1週間は、美味しいご飯を食べて、次に入院に備えて、色々な物を買い備えました。

 

 

2回目の入院治療

 

1日目…中心静脈カテーテル挿入
2日目…骨髄検査脊髄注射抗がん剤
3日目…歯科受診、抗がん剤
4日目…抗がん剤
5日目…抗がん剤

 

※ 歯科受診は抗がん剤治療で、免疫が無くなるため、口腔内をキレイにするため、歯石除去などを行いました。

 

 

 

中心静脈カテーテル

 

中心静脈カテーテルとは

 

通常の腕の血管から行う点滴ではなく、大きな血管を使うために点滴の管を入れることです。

 

管を入れる血管は肩や、首に通る大きな血管です。

 

抗がん剤が、液漏れすると危険なので、大きい血管を使うようになります。

 

私が入院している病院では、首の血管に点滴を通します。

 

 

 

 

カテーテルを入れる

 

 

点滴の針や、採血は、看護師さんが行いますが、中心静脈カテーテルは、医師が行います。

 

痛みがともなうため、局部麻酔をして、カテーテルを通します。

 

まずは、ベットに寝て、心電図のモニターをつなぎながら、処置されます。

 

首だけ空いた布のようなものを被せられ、麻酔を打たれますが、最初の麻酔が少し痛みを感じます。

 

麻酔が効くまで、ほんの少しだけ、時間を置きます。

 

そして、カテーテルを通され、次に、カテーテルがずれないように、皮ふに縫い付けます。

 

処置は30分〜40分ほどで終わり、30分ほど、ベットで安静にします。

 

 

カテーテルの経過

 

中心静脈カテーテルを首に入れて、当日は痛みがあるため、首を動かすことが出来ません。

 

私の場合は、1週間ほど痛みがありました。

 

しかし、他の患者さんと話しをしていたら、1日目は痛いが、その後は痛みが気にならないという人が多いようでした。

 

首の点滴を入れて、1週間ごとに、「点滴の管を保護するためのテープ」の張替えと、消毒をします。

 

また、お風呂の際は、その部分に水が入らないように、大きいテープで覆います。

 

体調がいい時は、テープの張替えは、問題ないのですが、抗がん剤の影響で、血球(血液細胞)が減ると、肌が弱くなり、テープをはがす際、赤くなったりしました。

 

そして、ひどくなると、水泡もできました。

 

しかし、血球が増えてくると、皮ふの状態も良くなり、肌荒れした部分も回復してきます。

 

血球が下がった時の、テープの張替えや、テープを付けた部分は、皮ふが炎症しやすいため、痒みやヒリヒリした感覚が続きました。

 

 

脊髄注射(2回目)

 

2回目の入院で、2回目の脊髄注射をしました。

 

一度目は、頭痛がひどく、辛い日々が2週間ほど続きました。

 

しかし、今回は、1回目の脊髄注射をした先生とは違う、先生が処置をしてくれて、処置中の痛みも少なく、頭痛も全くありませんでした。

 

そして、脊髄注射の時する麻酔の影響で、処置後、ほとんどの人が足がしびれるのですが、なぜかその症状も起きず、2回目の脊髄注射は、とても楽に終わりました。

 

骨髄検査

 

脊髄注射をした時、一緒に、骨髄検査もしましたが、この処置も、同じ先生が行ってくれたたため、スムーズに終えることが出来ました。

 

 

 

抗がん剤

 

2回目の入院(地固め療法)は、抗がん剤を点滴で4日間投与しました。

 

抗がん剤1日目は、何の症状もなく、2日目目は、少し胃がムカムカする感覚がありました。

 

3日の夜から、胃のムカムカが、強くなり夜中に、嘔吐しました。

 

嘔吐したことで、ムカムカが少し落ち着き、3日目は、多少胃のムカムカはありましたが、少しづつ回復し、4日目は、全く抗がん剤の副作用を感じることはありませんでした。

 

抗がん剤4日間の中で、具合が悪かったのは、1日程度ですみました。

 

しばらく、体調のいい日が続きましたが、今回の抗がん剤の副作用で、治療後2週間〜3週間して脱毛が起こりました。

 

元々はロングヘア―だったのですが、今回の治療で、髪が抜けることを聞いていたため、事前に、肩くらいまで髪をカットしていました。

 

 

 

 

どんどん髪が、薄くなったため、入院中に、ショートヘアーにしました。

 

 

髪の抜け始めは、手ぐしで数本抜けました。

 

手ぐしをするたびに、髪が数本抜けます。

 

そして、次の日になると、手ぐしで、さらに髪が抜けました。

 

日がたつにつれ、髪の抜け方が増え、抜ける止まるまで、手ぐしで髪を取っておこうとしても、キリがありませんでした。

 

シャンプー時は、髪をシャワーで流すと、永遠に、髪が抜けます。

 

抜けるのが止まらないため、途中で、止めていました。

 

排水溝にも、髪がたくさんつまり、シャワーを終えると、抜け毛が残った髪に絡まり、鳥の巣のようなものが出来ていました。

 

 

 

リンパ性白血病の治療の流れ

 

急性リンパ性白血病には、2種類あります。

 

フィラデルフィア染色体 陽性と、陰性です。

 

フィラデルフィア染色体 陽性の場合は、化学療法だけでは、治ることは難しいため、移植が必要になります。

 

私は、「フィラデルフィア染色 陽性」になるので、そのの治療の流れを説明します。

 

 

治療の流れ
  1. 寛解導入療法
  2. 地固め療法
  3. 造血幹細胞移植

 

 

寛解導入療法

 

複数の抗がん剤を用いて、白血病細胞を一気に減らすことを目標にします。

 

寛解導入療法は3〜4週間ほど入院して行います。

 

 

 

 

地固め療法(強化療法)

 

地固め療法は、完全寛解が得られた後、寛解導入療法でもちいた複数の抗がん剤を続けながら、別の種類の抗がん剤も加えて、数ヵ月間治療を行います。

 

地固め療法は、1回の治療で、1か月ほど入院し、1週間ほど退院し、また、1か月ほど入院します。

 

患者の状態を見ながら、数回、地固め療法を行います。

 

 

造血幹細胞移植

ドナーから提供された、造血幹細胞を移植する治療

 

移植前に、抗がん剤と、放射線治療で、血液細胞を限りなく0にして、移植を行います。

 

 

 

 

血球減少・熱

 

抗がん剤を投与して、2週間後くらいに微熱が出始めました、そして、微熱から体のだるさも出てきました。

 

2回目の入院で使った抗がん剤は、白血病細胞も、正常な血液細胞も壊してしまうため、血液細胞がとても少なくなります。

 

特に、白血球が減少すると、感染症をおこしやすくなるため、うがいや手洗いを沢山するように言われます。

 

また、血液細胞が減ることで、肌の再生する力も衰えるため、皮ふが、とても乾燥し、少しの刺激で、炎症したり、口の中も少し荒れました。

 

熱が出始めて2日目で、38.0℃になり、抗生物質を投与されました。

 

微熱は6日ほど続き、38.0℃になったのは、2日程度で終わりました。

 

熱が下がってきたころから、脱毛が起こりました。

 

3週間目で急に血球が上がり出し、すぐに退院することが出来ました。

 

2回目の入院は、抗がん剤で1日のみの吐き気と、血球減少で微熱が1週間程度ですんだため、治療は辛くはありませんでした。

 

髪が抜けるのは、少し悲しいですが、治療のためなので、仕方ないと、思っています。

 

 

 

入院に必要な物・手続き

 

 

 

         10 11  12 13 14 15