トップへ戻る

◆急性リンパ性白血病◆の告知

◆急性リンパ性白血病◆の告知

 

 

白血病の告知

 

2020年4月14日(火)

 

急性白血病と告知を受けました。

 

あまり自覚症状が無かっため、信じられませんでした。

 

 

 

いきなりの告知で、ちょっとショックで、主治医の先生の前で泣いてしまいました。

 

でも!私は、楽天家な方なので、泣く時は泣きますが!

 

すぐに立ち直ります!

 

職場で、失敗した時や、上司に怒られたときなんかには、いつも泣いていました。

 

泣いて、泣きまくって、スッキリするのが一番の発散になります。

 

告知当日は、一人で聞いて、次の日に入院になりました。

 

病気の事を聞いて直ぐに、母に電話しました。

 

 

 

 

入院当日は、父母ともに来てくれました。

 

入院手続きを済ませて、診察診察室に向かいました。

 

診察室で、両親と一緒に、病気の説明を受けました。

 

最初の告知を、両親と一緒に受けていたら、泣いてしまいそうだったので、先に病気の事を聞けて、良かったと思っています。

 

私が病気になって、辛いと思うのは…

 

家族に悲しい思いをさせてしまうことです。

 

死ぬかもしれない実感は、あまりありません。

 

恐らく症状があまり出ていないから、実感がわきにくいのだと思います。

 

体がだるいや、熱があるなどの症状はありませんでしたが、主治医の先生は「白血球の数が異常な数値なので、間違いない」とのことでした。

 

白血球は、通常3,000〜8,000程度なのですが、私の白血球は40,000ありました。

 

 

 

クローン病の定期健診で「病気発覚」

 

自覚症状が少ない中なぜ、この病気が分かったのか?

 

それは、私がクローン病だったからです。

 

クローン病とは、口から肛門までの消化器全体に、異常をきたす病気です。

 

口や、お腹の中、肛門など、消化器の色々な所に、炎症が起きます。

 

そのため、下痢や腹痛、嘔吐などで、食事がとれなくなります。

 

クローン病は、消化器だけでなく、合併症で、様々な症状が起こります。

 

私の場合は、体の中の炎症による、高熱と、関節炎で、体が動かなくなりました。

 

クローン病は、稀な病気だったため、すぐには、病名が判明せず、色々な病院を転々とした後、見つけることが出来ました。

 

 

クローン病は「難病指定」されています。

 

現在は、原因不明の病で、完治はしません。

 

 

 

私はクローン病で、3回入院しましたが、長い間健康的に生活できていました。

 

最後の入院は10年ほど前ですが、その時から使っているヒュミラーという薬が良く効いているのです。

 

クローン病の多くの患者は、腸の一部を切除しています。

 

腸が炎症して、そこからどんどん悪くなるため、切除が必要になります。

 

病状が重い人は、通常の排泄も困難になるため、人口肛門を付けます。

 

そして、食事も普通の食事は食べれません。

 

病院から処方される、栄養剤で食事をすることになります。

 

私は、幸いなことに、症状が重くならなかったため、腸の切除もせず、今まで、元気に過ごしていました。

 

食事も、多少気をつけていますが、普通の食事をしています。

 

そうはいっても、完治したわけではありませんので、病院には、定期的に検診にいっています。

 

病院では、毎回、血液検査と問診を受けていました。

 

体調が長らく良かったため、薬を貰うために、病院に通っているようなものでした。

 

白血病が分かったのは、クローン病の血液検査で判明しました。

 

白血球だけ、異常な数値だったのです。

 

クローン病の主治医の先生から「病院を紹介するから、血液内科と、皮膚科を受診してください」と言われ、すぐに受診しました。

 

白血球数の異常のため、血液内科受診です。

 

皮膚科は、蕁麻疹が出ていたためです。

 

 

 

皮膚科受診

 

実は、クローン病の定期健診の前にも、2つ病院を受診していました。

 

それは、皮膚科です。

 

白血病の自覚症状は無かったのですが、体中が凄い、痒みに襲われていたのです。

 

毎日、寝れないほどの痒みでした。

 

痒みの原因が、白血病のせいなのかは、未だに分かりません。

 

しかし、私には、思い当たる節がありました。

 

私は実験をしていたのです。

 

その実験の影響ではないかと思っています。

 

実験の内容は「髪に付いたヘアスプレーの、簡単な落とし方を見つける」というものでした。

 

なぜ、このような実験をしたのか?

 

シャンプーでは、中々落ちない、ヘアスプレーに悩んでいたからです。

 

私は、ヘアセットする際、ハードスプレーを沢山髪に付けています。

 

そのため、毎回普通のシャンプーでは、中々落とすことが出来ませんでした。

 

ヘアスプレーを落とす方法として、よく言われている方法があります。

 

「シャンプー前に、トリートメントを髪に付けて、しばらく放置して、シャンプーする」方法です。

 

しかし、その方法でも、ヘアスプレーが落ちる実感がなかったため、別の方法はないか考えました。

 

シャンプー前にトリートメントではなく、シャンプー前にオリーブオイルはどうか?と考え試してみました。

 

オリーブオイルで試してみた結果、ヘアスプレーが落ちた実感がしました。

 

しかし、もっとよく落ちるものがないか見つけたくなりました。

 

次に試してみたものは、マヨネーズです。

 

マヨネーズと聞くと「なんでそんなもの頭に付けたの?」「試したの?」と思われるかもしれません。

 

私は、マヨネーズの油分と、マヨネーズの乳化作用によって、ヘアスプレーの成分が分解され、スッキリ落ちるのではないかと考えたのです。

 

しかし、マヨネーズは大失敗でにた。

 

マヨネーズを試した結果、髪だけでなく、体中がベタベタになりました。

 

何度も、頭をシャンプーしても、体をボディーソープで洗っても、ベタベタが残ってしまいました。

 

 

お風呂から上がると、ベタベタしている感じは、分かりずらいのですが、体を洗っていると、ベタベタした感覚があります。

 

ベタベタを取り除いて、お風呂から上がりたかったのですが、何度洗っても取れませんでした。

 

その日から(2020年3月5日)一生懸命洗う日々は、長く続きます。

 

マヨネーズを髪に付けてから、少しづつ体に、痒みが出始めました。

 

最初は頭が痒く、ポリポリ掻いていました。

 

しかし、段々と痒みも強くなり、常に掻きたいくらい、痒くなりました。

 

私は、元々、整髪料にアレルギーがあります。

 

ヘアワックス、ヘアスプレー、ジェルなどが、皮膚に付くとかかぶれたり、痒みが出ていました。

 

そのため、ヘアセットをする際は、顔や首などに、整髪料が付かないようにしていました。

 

実験後から、痒みがでるのは、ヘアスプレーの成分が体に付着しているためだと、私は思っています。

 

痒みの始まりは、頭の痒みからでした。

 

 

マヨネーズとヘアスプレーの混合した成分が、頭皮に残っているのだと感じ、痒みをなくすために、頭を集中的に洗うようにしました。

 

次の日からは、頭の痒みは少し治まりましたが、首や肩にかけて痒みを感じるようになりました。

 

そして、痒みは、体全体に広がっていきました。

 

一日中痒く、体を常に、掻いていないと、気が休まらないほどでした。

 

しばらくしたら、治まるだろうと思い、1週間ほど我慢しました。

 

しかし、全く痒みは治まることなく、強い痒みが全身ありました。

 

痒みが治まらなかったため、自宅近くの皮膚科を受診しました。2020年3月12日)

 

 

病院を受診したころの症状は、朝は痒みが少なく、昼過ぎから、夜中が一番痒みが強く出ていました。

 

病院に朝から行ったため、痒みがあまりなく、体の赤みも消えていました。

 

診察時に、このようになった原因と、症状を伝え、塗り薬を処方されました。

 

家に帰り、処方された、塗り薬を体中に付けました。

 

しかし、昼過ぎあたりから、痒みが出始め、塗り薬を塗っても、痒みが治まりませんでした。

 

病院では、症状があまり出ていなかったため、弱い薬を処方されたのだと思い、結局あまり、塗り薬を使うことはありませんでした。

 

それから、2週間くらい、痒みと戦い続けました。

 

痒みは治まることなく、赤みまで出るようになりました。

 

 

 

 

痒みが治まらず、一日中痒かったため、市販の痒み止めを買うことにしました。

 

 

新ウナコーワクール

 

 

 

●成分・分量
1mL中
成分・・・分量・・・働き
ジフェンヒドラミン塩酸塩・・・20.0mg
・・・かゆみのもとになるヒスタミンの働きをおさえ、かゆみをしずめます。

 

リドカイン・・・5.0mg
・・・かゆみの伝わりを止め、かゆみを感じなくします。

 

l-メントール・・・30.0mg
・・・患部に清涼感を与え、かゆみをやわらげます。

 

dl-カンフル・・・20.0mg
・・・患部に清涼感を与え、かゆみをやわらげます。

 

〔添加物〕エデト酸Na、クエン酸、エタノール

 

 

ウナを使用してから、少し痒みが和らぎました。

 

ウナを付けると、スーッとした清涼感があるため、痒みが少し治まったのです。

 

痒いと思ったら、ウナを付けるという日々をしばらく続けました。

 

しかし、段々とウナの効果が薄くなってきました。

 

スーッとした感覚がなくなってきたのです。

 

ウナが効かなくなり、痒みを抑えられなくなったため、もう一度皮膚科を受診することにしました。

 

次はアレルギーも調べられる所が良いと思い、皮膚科と、アレルギー科が一緒になった病院に行くことにしました。

 

入院に必要な物・手続き

 

 

 

         10 11  12 13 14 15

 

 

 

 

お問い合わせ →