トップへ戻る

◆急性リンパ性白血病・クローン病◆闘病日記3

◆急性リンパ性白血病・クローン病◆闘病日記3

 

 

 

 

 

 

入院・骨髄検査

 

2020年4月15日(水)入院

 

入院当日は、骨髄の検査をしました。

 

骨髄の検査は、病室のベットで行いました。

 

うつ伏せになって、お尻の上の方の骨に麻酔を数か所打たれて、骨髄を採取されます。

 


出典 がん情報サイト

 

 

採取される時は、骨にぐいぐいと針をさせれ、ズーンと重い痛みはありますが、耐えれるくらいの痛みでした。

 

強い痛みではありません。

 

麻酔を数回刺される時に、チクリとするので、体がびくっとなりました。

 

骨髄の採取時間は、15分〜20分程度だったと思います。

 

その後は、しばらく針を刺されたところに痛みがありましたが、動いても問題ないということで、普通に動くことが出来ました。

 

ただ、痛みが気になり、1〜2日程度は、体に気を使って行動していました。

 

骨髄検査の結果私の病名は「急性リンパ性白血病」と判明しました。

 

 

 

リンパ性白血病とは

 

白血病には、いくつが種類があります。

 

まず、急性慢性で、病気の進行度が違います。

 

骨髄を検査することによって、リンパ性白血病骨髄性白血病かが分かります。

 

私の場合は、「急性リンパ性白血病」と診断されました。

 

白血病とは、血液のがんですが、血液は骨の中でつくられます。

 

リンパ性白血病は血液のもととなる「造血幹細胞」から作られる、「リンパ系幹細胞」に異常が生じ、異常な血液細胞が増殖する病気です。

 

 

 

出典 がん情報サイト「オンコロ」

 

 

骨の中で血液の元となる細胞に異常が生じ、正しい血液が作られなくなる病気です。

 

骨の中で血液の元が作られ、そこから「赤血球・血小板・白血球・リンパ球」が作られます。

 

血液の主な役割は、下記のようになります。

 

 

 

赤血球

酸素を、体の隅々に届けています。

 

減少すると、疲れやすくなったり、息切れをしたりします。

 

 

 

血小板

血を固める役割があります。

 

減少すると、出血したり、血が止まらなくなったり、あざができやすくなります。

 

 

 

白血球

好中球・好酸球・単球・好塩基球・リンパ球の総称です。

 

 

 

好中球

感染症に対して大きな役割を果たしています。

 

一般に、血液中にある全白血球の約45〜75%を占めています。

 

好中球が減少すると、感染症で死亡するリスクが高まります。

 

 

 

好酸球

アレルギー反応、喘息(ぜんそく)、寄生虫感染から、体を守る役割があります。

 

一方で、アレルギー疾患における炎症の一因にもなります。

 

 

 

単球

不要になった細胞を取り除いたり、がん細胞を破壊したり、異物に対する免疫を調節したりするのを助けます。

 

 

 

好塩基球

免疫監視(初期のがんを破壊する)や傷口の修復などの役割があります。

 

また、ヒスタミンなどの化学物質を放出し、アレルギー反応に関与することがあります。

 

 

 

リンパ球

B細胞(Bリンパ球)・T細胞(Tリンパ球)・NK(ナチュラルキラー)細胞などに分類されます。

 

NK細胞は生まれつき備わっている免疫細胞で、細菌やウイルスなどの病原体に感染した細胞を攻撃します。

 

B細胞は病原体が侵入してくると、抗体を作ります。

 

T細胞は防御機能と、病原体を記憶する働きをもっています。

 

リンパ球はリンパ液と血液中を行き来しながら、病原体や異物の侵入に備え、パトロールしています。

 

 

出典 武田薬品工業「リンパの話」

 

 

 

染色体異常

 

白血病には「骨髄性」と「リンパ性」に種類が分かれます。

 

私の場合は「リンパ性白血病」です。

 

リンパ性白血病には「フィアデルィア染色体」の「陽性・陰性」に、種類が分かれます。

 

成人のリンパ性白血病の30%〜50%が、陽性です。

 

陽性の患者さんは、通常の化学療法をし、白血病細胞が減少しても、5〜6か月後には再発する人が多くいます。

 

そのため、骨髄移植(同種造血幹細胞移植)をします。

 

骨髄移植をした場合、3年後で、約20%〜60%の患者が再発しないことが分かってきています。

 

ちなみに、陰性の患者さんはというと、通常の化学療法で90%の患者さんが白血病細胞が減少し、5年で50%〜60%程度の方が、再発するとの報告があります。(現在はさらに、再発は減少しています)

 

 

上の情報は、病院から、今後の治療に関しての説明を、書類で頂いた情報をもとに、記載しています。

 

上の情報を見た時の感想は「リンパ性白血病」は、陽性でも陰性でも、ざっくりいうと半分くらいは、再発するように思いました。

 

そうすると、半分くらいは死んでしまうのではないか?

 

まさか、自分が30代で、死ぬなんて考えたこともありませんでした。

 

インターネットで調べた情報によると急性リンパ性白血病の長期生存率は、成人では15%〜35%です。

 

生存率はかなり低いようです。

 

私の場合は、白血病の症状と言われるような、体のだるさや、熱などはありません。

 

しかし、原因不明の蕁麻疹と、目の腫れがあります。

 

体はきつくないため、白血病の実感はありません。

 

しかし、白血病に関しての様々な情報をみると、もしかしたら、死ぬのかもしれないとも思います。

 

その時、色々なことを思いました。

 

死んだときに、出来るだけ迷惑かけないように、お金や保険などを自分が管理している部分は、家族に分かるようにしなければいけない…

 

私には将来の夢や、やりたいことがある、今ここで死んだら、今までの事が無駄になるな〜

 

もし死ぬなら、入院のために、色々買いそろえても、無駄かもしれない…

 

とりあえず、色々な可能性があると思い、入院のために、必要な物の中に「ノート」をもっていきました。

 

この「ノート」にお金や保険、カードなど死んだときに、解約しなけらばいけないものなどを、書くつもりです。

 

 

 

 

治療開始

 

入院して、次の日から、治療が始まりました。

 

強い「ステロイド」を点滴で、体に流すことになりました。

 

それと同時に、「リンパ性白血病・フィアデルィア染色体陽性」に効果がある「スプリセル」という抗がん剤も飲むようになりました。

 

ステロイドをする副作用として、腎臓機能の低下、骨が弱くなる、脂肪や糖の代謝が悪くなるなどがあります。

 

そのため、水分の点滴をし、毎日、たくさんの水分を取るようにしました。

 

抗がん剤のスプリセルは、人にもよるそうですが、体への負担はすくないそうで、副作用などはあまりないそうです。

 

 

 

ステロイド

ステロイドとは、ホルモンです。

 

私たちの体からも分泌されているホルモンになります。

 

これを投与することで、免疫を抑制する効果があり、これ以上悪い、白血病細胞を作らないようにする効果があります。

 

また、ステロイドは、元気になるホルモンです。

 

 

スプリセル(抗がん剤)

スプリセルは、白血病細胞に集中的に攻撃する薬で、他の血液への作用は少ないようです。

 

通常の抗がん剤治療よりも、軽い薬です。

 

しかし、妊娠はできなくなります。

 

 

 

白血病の治療を始める前に、主治医の先生から、説明を受けました。

 

 

急性白血病のため、治療は早めにした方がいい

 

しかし、治療が始まると、抗がん剤のせいで、子どもが作れなくなります。

 

治療開始前に、卵子を保存する方法がありますが、急性の場合は、治療は早めに開始した方がいい

 

 

私は子どもは大好きです。

 

しかし、周りの友人の子どもたちが大きくなるにつれ、子どもはもういいかな、と思もうようになっていました。

 

友達と同じくらいの時期に、子どもが欲しかったのと、30代になって、大きく生活が変化するのも大変ではないか、と感じていました。

 

そのため、治療をすぐ開始してもらいました。

 

 

入院に必要な物・手続き

 

 

 

         10 11  12 13 14 15

 

 

 

 美容

 

 

お問い合わせ →